前田慶次供養塔  堂森善光寺  見返り阿弥陀如来 

モバイル用QRコードQRコードから携帯サイト(http://dzk.jp/mbl.html)をご覧頂けます。
お知らせ
 2016年6月4日、前田慶次郎殿405回忌供養祭には遠路多数の皆様にご参加頂きありがとうございました。
 本堂改修工事のため境内が手狭になり、檀家様はじめ関係各位には御迷惑をお掛けします。これに伴いライブカメラの画像配信をしばらく停止します。  
ライブカメラが回復しました。管理者冬眠中につき復旧が遅くなって申し訳ありません(/・ω・`)。
2015年6月4日、前田慶次殿四百四回忌供養祭には多数の皆様にご参加頂きありがとうございました。当日撮影した写真を掲載しましたので、こちらをご覧ください。なお、写っている方の了解を頂かずにホームページに掲載しましたが、ご容赦願います。削除依頼、ご意見・ご感想等は下記のアドレス宛にメールでお寄せください。
 かぶき者 慶次 NHK総合テレビ 木曜時代劇にて放映予定。2015年4月9日(木)午後8時〜連続11週。
 2014年6月4日、前田慶次郎殿403回忌供養祭には遠路多数の皆様にご参加頂きありがとうございました。
 2013年6月4日、前田慶次郎殿402回忌供養祭には遠路多数の皆様にご参加頂きありがとうございました。
兜むくり(芋煮会)開催のご案内
慶次ファンの親睦の場ですので奮ってご参加下さいます様、ご案内致します。
日時 9月30日(日曜日)10時
集合 堂森善光寺内 慶次供養塔
会場 丸清水公園
会費 お一人様 1,000円
申込 9月20日まで!!
※お問合せは下記メールアドレスまで

   
 2011年6月4日、前田慶次郎殿400回忌供養祭には多数の皆様にご参加頂きありがとうございました。当日撮影した写真を掲載しましたので、こちらをご覧ください。なお、写っている方の了解を頂かずにホームページに掲載しましたが、ご容赦願います。削除依頼、ご意見・ご感想等は下記のアドレス宛にメールでお寄せください。
2011年6月4日(土)に、当寺で前田慶次400回忌供養祭を厳修いたします。当日はさなぶり(餅振る舞い)のほか、特別企画として慶次殿の遺品展示や「花の慶次」複製原画展も開催予定ですのでぜひご参加ください!
 「兜むくり」の画像を沢山お寄せ頂きありがとうございました。一部をこちらに掲載しましたので、ご覧ください。掲載された方も・されなかった方も、また来年おいで頂き芋煮会を盛上げてください。
 9月25日の「兜むくり」には大勢の慶次殿を慕う方々が各地より参加され、地元の方々と親しく芋煮を囲み交流を深めて頂きました。お蔭様で第二回「兜むくり」は盛会の内に終了する事ができました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。
当日の画像をホームページに掲載したいと思います。 御参加頂いた方で供養祭・会場内の様子など、楽しい画像が御座いましたら画像添付メールを頂ければ幸いです!!
兜むくり(芋煮会)のお知らせ!!
2010年9月25日(土曜日)前田慶次郎殿が当寺境内で行なった珍芸「兜むくり」の逸話にちなんで芋煮会を 行ないます!午前11時より供養祭・正午より兜むくり(芋煮会・懇親会)の予定です。 会費一人1000円(小学生以下無料) 定員120名をもって締め切り致します!! コスプレ歓迎 (参加者は自作の名札を身に付けて下さい) 9月20日をもって最終締め切りとさせて頂きますので宜しくお願い致します!! お申し込みは、トップページのメール・FAXにてお願い致します。 ♪慶次郎殿をお慕いする皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます♪
 2010年6月4日、前田慶次郎殿供養祭には多数の皆様にご参加頂きありがとうございました。当日撮影した写真を掲載しましたので、こちらをご覧ください。なお、写っている方の了解を頂かずにホームページに掲載しましたが、ご容赦願います。削除依頼、ご意見・ご感想等は下記のアドレス宛にメールでお寄せください。
原哲夫先生のメッセージパネル
善光寺縁起
阿弥陀堂当寺は善光寺阿弥陀堂の別当として建立され、特に鎌倉時代には地域住民の信仰を集め、室町時代・江戸時代の領主をはじめ領民の阿弥陀信仰の拠点として栄えた。境内の鐘楼堂には天保九年(1838)七月に鋳造された梵鐘があり、その鐘銘に大同二年(807)に創建されたと刻してあることから、寺歴不詳ながら平安時代以前に開山されたとものと思われる。
中世期には当寺において大般若経の写経事業が盛んに行われ、現在その一部が山形市の立石寺(山寺)に残っている。奥書には、出羽国長井荘堂森常住物本聖仁光などの記載があり、延文二年(1357)に当寺の住僧、聖仁光が多くの僧の協力をえて写経したことが知られている。
しかし宝暦十三年(1763)四月三日の火災で本堂を焼失、明和二年(1765)三月二十一日に再建され阿弥陀信仰道場として栄えた。また、明治二十六年(1893)に再び本堂・庫裡等を焼失し、明治二十八年(1895)十二月九日に再建されたが、この二度の火災によって全ての古い記録を失い、現在では寺歴の詳細を知ることはできない。
現在は境内に阿弥陀堂・本堂・霊牌堂・鐘楼堂・十王堂・子育て地蔵堂・仁王門・水子地蔵・前田慶次供養塔などが建立されている。
なお、当山の総本山は奈良県初瀬の長谷寺で、真言宗豊山派に所属しております。
 阿弥陀堂拝観時間等
午前9時より午後4〜5時まで  拝観ご希望の方は事前にお問い合わせください。