海外から日本のサイトやサービスを見る・使う

【検証済み!】WBC2023の試合を無料で海外から視聴する方法【VPNを利用すれば見逃し配信も見れる】

※記事の一部にPRを含みます。

VPNを利用して海外から2023年WBC 侍ジャパンの試合を視聴する方法

 

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)2023は、アマゾンプライムビデオ(アマプラ)にて日本戦を中心にライブ配信されます。

しかし、海外から日本のアマプラにアクセスすると、「通常はお客様が当社がこのイベントの権利を所有している国または地域にお住まいではないため、このページをご利用いただけません。と表示されてしまうため、WBC2023のライブ配信を海外から視聴することができません。

WBC2023のライブ配信を海外から視聴することができない

「通常はお客様が当社がこのイベントの権利を所有している国または地域にお住まいではないため、このページをご利用いただけません。お客様が該当地域にお住まいの場合は、一時的な問題が発生していると考えられます。問題が解決されるまで、しばらくお待ちください。」

「通常はお客様が当社がこのイベントの権利を所有している国または地域にお住まいではないため、このページをご利用いただけません。
お客様が該当地域にお住まいの場合は、一時的な問題が発生していると考えられます。問題が解決されるまで、しばらくお待ちください。

※参照:「Amazon」公式サイト

 

海外から2023年のWBCの試合を見たい。。。
海外から2023年のWBCの試合を視聴する方法や裏ワザはある?

 

今回はそんな方々のために、海外から2023年のWBCの試合を視聴する方法をご紹介します。

結論から言うと、VPNと呼ばれるサービスを利用するだけで、海外から日本のAmazon Prime Video(アマプラ)にアクセスして、2023年のWBCの試合を視聴することが可能になります。

【WBC2023】プライムビデオで生配信される侍ジャパンの試合まとめ

【WBC2023】プライムビデオで生配信される試合の日程まとめ

【本大会】:1次リーグ

  • 3月12日(日):オーストラリア戦(配信開始18:00、試合開始19:00)

【本大会】:準々決勝以降

  • 3月16日(木):準々決勝 (配信開始18:00、試合開始19:00)

  • 3月20日(月):準決勝1 (配信開始7:00、試合開始8:00)

  • 3月21日(火):準決勝2 (配信開始7:00、試合開始8:00)

  • 3月22日(水):決勝 (配信開始7:00、試合開始8:00)

※参照:「Amazon」公式サイト
※配信時間は日本時間
J SPORTSオンデマンドでは、WBC全47試合が配信されます。(日本戦は見逃し配信のみ)

POINT

本記事では、”オススメのVPNサービスは?”・”無料VPNは使って良いの?”という疑問にも全てお答えしています。

VPNに詳しくない方にもわかるように丁寧に解説しておりますので、安心して読み進めてくださいね。

【専門チームが監修】信頼性の高い情報を保証

当サイトは、70個以上の有料/無料VPNをテストしてきた専門のプロチームが記事の監修を行っています。
素人が運営しているブログや、信憑性が低い収益目的サイトの情報には気をつけましょう。

●VPN UNIVERSITYの信頼性

VPNの検証に費やした時間

32,800時間+

これまでに検証したVPNの数

78個+

接続スピードの検証回数

4,350回+

IPアドレス& DNS漏えいの確認回数

9,200回+

VPN調査員の派遣国数

42カ国+

※最終データ更新:2024年4月

|海外から2023年のWBCの試合が視聴できるVPN

1.

NordVPN

使いやすさ、安全性、接続スピード、総合的に業界No.1の最強VPN

オススメ度: 9.7 / 10

NordVPN 公式サイト

2.

Surfshark

安全性が高く、接続スピードも速いコスパ抜群のVPN

オススメ度: 9.4 / 10

Surfshark 公式サイト

3.

CyberGhost

接続できるサーバーが豊富で、お手頃な価格が魅力のVPN

オススメ度: 9.3 / 10

CyberGhost 公式サイト

Contents
  1. 2023年WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)の試合日程・スケジュール
  2. WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)2023の試合が見れる配信サービスはどれ?【アマプラとJ-Sports、Fubo TV】
  3. 海外からAmazon Prime Video(アマプラ)でWBCの試合をライブ視聴しようとすると、「通常はお客様が当社がこのイベントの権利を所有している国または地域にお住まいではないため、このページをご利用いただけません。お客様が該当地域にお住まいの場合は、一時的な問題が発生していると考えられます。問題が解決されるまで、しばらくお待ちください。」と表示されて試合が見れない
  4. 海外から2023年WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)の試合を視聴するにはVPNが必要
  5. 【VPNを利用】海外から2023年WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)の試合を視聴する方法
  6. 【海外から2023年WBCの試合が視聴できる】おすすめのVPN
  7. 海外から2023年WBC侍ジャパンの試合を視聴する利用する際によくある質問
  8. まとめ:VPNを利用すれば、海外から2023年WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)侍ジャパンの試合が視聴できる

2023年WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)の試合日程・スケジュール

2023年WBCのロゴ

出典:「日本代表侍ジャパンオフィシャルサイト」

【2023年】WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)の大会詳細

【2023年】WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)の開催期間と開催地

開催期間

2023年3月8日~3月21日

1次リーグ戦

2023年3月8日(水)~3月15日(水)

準々決勝ラウンド

2023年3月15日(水)~18日(土)

決勝ラウンド

2023年3月19日(日)~21日(火)

開催地

日本・アメリカ・台湾

【2023年】WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)の大会詳細

【2023年】WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)の大会日程と詳細

出典:「日本代表侍ジャパンオフィシャルサイト」

大会名称

2023 WORLD BASEBALL CLASSIC™

会場

1次ラウンド

台中インターコンチネンタル野球場(台湾)

東京ドーム(日本)

チェイス・フィールド(アメリカ)

ローンデポ・パーク(アメリカ)

2次ラウンド

東京ドーム(日本)

ローンデポ・パーク(アメリカ)

決勝ラウンド

ローンデポ・パーク(アメリカ)

主催

WORLD BASEBALL CLASSIC INC. / 読売新聞社

公式サイト

https://www.wbc2023.jp/

出典:「日本代表侍ジャパンオフィシャルサイト」

【2023年WBC】1次リーグの試合日程

2023年のWBC1次リーグは4つのプールで総当り戦を行い、上位2チームが準々決勝ラウンドに進出します。

【2023年WBC】1次リーグの試合日程

日程

会場

参加国

プールA

2023年3月8日(水) ~ 13日(月)

台中インターコンチネンタル野球場(台湾)

チャイニーズ・タイペイ、オランダ、キューバ、イタリア、パナマ

プールB

2023年3月9日(木) ~ 13日(月)

東京ドーム(日本)

日本、韓国、オーストラリア、中国、チェコ共和国

プールC

2023年3月11日(土) ~ 15日(水)

チェイス・フィールド(アメリカ)

アメリカ、メキシコ、コロンビア、カナダ、イギリス

プールD

2023年3月11日(土) ~ 15日(水)

ローンデポ・パーク(アメリカ)

プエルトリコ、ベネズエラ、ドミニカ共和国、イスラエル、ニカラグア

出典:「日本代表侍ジャパンオフィシャルサイト」

 

なお、日本(侍ジャパン)の1次リーグの試合日程と対戦相手は、以下のとおりです。

【2023年WBC】日本(侍ジャパン)の1次リーグの試合日程と対戦相手

日時

対戦相手

3月9日(木) 19:00~

中国

3月10日(金) 19:00~

韓国

3月11日(土) 19:00~

チェコ共和国

3月12日(日) 19:00~

オーストラリア

出典:「日本代表侍ジャパンオフィシャルサイト」

【2023年WBC】準々決勝ラウンドの試合日程

2023年のWBC準々決勝ラウンドは、以下の日程・会場で行われる予定です。

【2023年WBC】準々決勝ラウンドの試合日程

日程

会場

参加国

準々決勝1

2023年3月15日(水)、16日(木)

東京ドーム(日本)

プールAとプールBの上位2チーム

準々決勝2

2023年3月17日(金)、18日(土)

ローンデポ・パーク(アメリカ)

プールCとプールDの上位2チーム

出典:「日本代表侍ジャパンオフィシャルサイト」

【2023年WBC】決勝ラウンドの試合日程

2023年のWBC決勝ラウンドは、以下の日程・会場で行われる予定です。

【2023年WBC】決勝ラウンドの試合日程

日程

会場

参加国

準決勝

2023年3月19日(日)、20日(月)

ローンデポ・パーク(アメリカ)

準々決勝1の1位と準々決勝2の2位

準々決勝2の1位と準々決勝1の2位

決勝

2023年3月21日(火)

ローンデポ・パーク(アメリカ)

準決勝の勝者

出典:「日本代表侍ジャパンオフィシャルサイト」

 

WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)2023の試合が見れる配信サービスはどれ?【アマプラとJ-Sports、Fubo TV】

VPNを使えば海外からも日本のストリーミングサービスやアプリが使える

 

2023年WBCの試合を海外から見る方法は、主に3つあります。

海外から2023年WBCの試合を見る方法

  1. アマプラで視聴

  2. J SPORTSで視聴

  3. FUBO TVで視聴

1. Amazonプライムビデオ(アマプラ)【準々決勝以降の日本の試合が見れる】

Amazon Prime Video(アマプラ)では、WBC2023の試合が配信予定

※参照:「Amazon」公式サイト

 

2024年4月現在、アマゾンプライムビデオでは日本戦の準々決勝、準決勝、決勝の試合が生配信されることが決定しています。

【WBC2023】プライムビデオで生配信される試合の日程まとめ

【本大会】:1次リーグ

  • 3月12日(日):オーストラリア戦(配信開始18:00、試合開始19:00)

【本大会】:準々決勝以降

  • 3月16日(木):準々決勝 (配信開始18:00、試合開始19:00)

  • 3月20日(月):準決勝1 (配信開始7:00、試合開始8:00)

  • 3月21日(火):準決勝2 (配信開始7:00、試合開始8:00)

  • 3月22日(水):決勝 (配信開始7:00、試合開始8:00)

※配信時間は日本時間

>>>【関連】海外から日本のAmazon Prime Video(アマプラ)を見る方法

2. J-SPORTSオンデマンド【日本以外の国含め、WBCの全試合の中継が見れる】

JSPORTSでは、WBC2023の試合が配信予定

※参照:「Amazon」公式サイト

 

J-SPORTSではWBCの過去大会が全試合ライブ中継されています。

2023年のWBCもJSPORTSにて全試合配信される予定となっており、見逃し配信にも対応しています。

なお、J SPORTSは公式サイトを通じた登録・視聴の他にも、アマゾンプライムのビデオチャンネルでも視聴が可能です。

アマゾンプライムのJ SPORTSチャンネル

VPNを利用すれば、海外からJ SPORTSが視聴できる

※参照:「Amazon」公式サイト

3. Fubo TV【日本以外の国含め、WBCの全試合の中継が見れる】

FuboTVでは、WBC2023の試合が配信予定

※参照:「Fubo TV」公式サイト

 

Fubo TVは、スポーツのライブ配信を中心にサービス展開しているアメリカのストリーミングサービスです。

Fubo TVではWBC2023の全試合が予選や決勝大会含めライブ配信される予定となっており、ライブ配信以外にも見逃し配信にも対応しています。”民放TVで録画ができていなかった”、”完全に見逃してしまった”場合でも安心ですね。

また、日本戦以外の各国全ての試合がライブ・後追い視聴できるため、WBCを丸ごと楽しみたい方にはFuboTVがオススメです。

【Fubo TV】WBC2023の全試合をライブ視聴・後追い視聴可能

FuboTVでは、WBC2023の試合が配信予定!後追い視聴も可能!

※参照:「Fubo TV」公式サイト

 

>>>【関連】FuboTVを日本から視聴する方法

 

しかしながら、日本のアマプラやJ-SORTSなどの日本の配信サービスは海外から視聴することができません。

また、Fubo TVもアメリカ限定のサービスとなっているため、日本およびアメリカ以外の国からは視聴できません。

では、ここから海外から日本の動画配信サービスを利用可能にして、2023年のWBCの試合を視聴する方法を解説していきます。

 

海外からAmazon Prime Video(アマプラ)でWBCの試合をライブ視聴しようとすると、「通常はお客様が当社がこのイベントの権利を所有している国または地域にお住まいではないため、このページをご利用いただけません。お客様が該当地域にお住まいの場合は、一時的な問題が発生していると考えられます。問題が解決されるまで、しばらくお待ちください。」と表示されて試合が見れない

海外から2023年のWBCの試合が使えない理由は著作権とIPアドレスのアクセス制限

 2023年のWBCの試合が海外から見れない理由は”著作権”

日本のアマプラやJ-SPORTSなどが海外から視聴できない理由は著作権が大きく関係しています。

たとえば、Amazon Prime Videoでは視聴できる作品が国によって異なります。

その理由としては、作品の著作権が大きく関係しており、作品ごとの契約や配給権の関係で配信できる国とできない国が明確に分かれています。

Amazonは、配信する作品や地域を配給会社との契約で協議して決定しているため、例えば「日本のみで公開」という条件がある作品は海外では配信されておらず、海外から動画を視聴することができません。

海外から日本のアマプラにアクセスすると、「通常はお客様が当社がこのイベントの権利を所有している国または地域にお住まいではないため、このページをご利用いただけません。お客様が該当地域にお住まいの場合は、一時的な問題が発生していると考えられます。問題が解決されるまで、しばらくお待ちください。」と出てしまう。

「通常はお客様が当社がこのイベントの権利を所有している国または地域にお住まいではないため、このページをご利用いただけません。お客様が該当地域にお住まいの場合は、一時的な問題が発生していると考えられます。問題が解決されるまで、しばらくお待ちください。」

「通常はお客様が当社がこのイベントの権利を所有している国または地域にお住まいではないため、このページをご利用いただけません。
お客様が該当地域にお住まいの場合は、一時的な問題が発生していると考えられます。問題が解決されるまで、しばらくお待ちください。

※参照:「Amazon」公式サイト

 

そのため、海外からAmazon Prime Videoにアクセスすると海外仕様になってしまうため、日本のコンテンツが見れないということです。

結果として、アマプラを利用してWBC2023の試合を海外から見ることは不可能となっています。

 

海外から2023年WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)の試合を視聴するにはVPNが必要

VPNとは

VPNとは、Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)の略です。

ウェブサイトやアプリケーションは、IPアドレスと呼ばれるインターネット上の住所的な数値を元に、アクセス元を判別しています。
VPNを利用すればIPアドレスを別のものに変更することができるため、実際のアクセス国ではなくVPNで接続したサーバーの国から訪問しているように装うことができます。

また、通信も暗号化されてセキュリティが強化されるため、情報漏えいやハッキングのリスクを回避することが可能になります。

【図解】VPN接続がある場合とない場合の比較




【図解】VPN接続がある場合とない場合
【図解】VPN接続がある場合とない場合

日本サーバーがあるVPNサービスを利用すれば、日本のアマプラやJ-SPORTSなどの配信サービスに対して”日本からのアクセスであることを認識させる”ことができるため、海外からも2023年のWBCの試合が視聴できるようになります。

 

【VPNを利用】海外から2023年WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)の試合を視聴する方法

VPNを利用した登録、視聴手順

海外から2023年のWBCの試合を視聴する方法は以下の通りです。

【J-SPORTSで視聴】海外から2023年のWBCの試合を視聴する手順

海外から2023年のWBCの試合を視聴する手順

  1. VPNを利用して、日本のサーバーに接続する。

  2. J-SPORTSにアクセス

  3. 海外から2023年のWBCの試合が視聴可能になる

1. VPNで日本サーバーに接続

1. VPNで日本サーバーに接続

VPNで日本のサーバーに接続します。

NordVPNであれば、80個以上の日本サーバーにワンクリックで接続することが可能です。

2. Amazon Prime Video(アマプラ)にアクセス

Amazon Prime Videoにアクセス

Amazon Prime Videoでは、WBC2023侍ジャパンの試合が配信中!

※参照:「Amazon」公式サイト

VPNで日本のサーバーに接続した後、Amazon Prime Videoにアクセスしましょう。

3. WBC2023の試合が海外から見れる

WBCのライブ配信を選択

【アマプラ】WBCのライブ配信を選択

※参照:「Amazon」公式サイト

WBCのライブ配信がアマプラで海外から視聴できる!

VPNを使えば、アマプラでWBC2023の試合が海外から見れる

※参照:「Amazon」公式サイト

 

通常、海外からはAmazon Prime Videoの動画は視聴できませんが、VPNに接続すると、問題なくAmazon Prime Video(アマプラ)の配信動画が視聴できるため、WBC2023の試合を海外から視聴することができます。

「注目選手カメラ」と「バックネットカメラ」に切り替えて視聴可能

「注目選手カメラ」と「バックネットカメラ」に切り替えて視聴可能

※参照:「Amazon」公式サイト

Amazonプライムビデオ限定の機能として、クリック1つで「注目選手カメラ」と「バックネットカメラ」に切り替えて視聴することが可能です。

試合の臨場感に浸りながらWBCを観戦したい場合などにオススメの機能です。

 

StakeカジノではWBCのスポーツベットが可能
Stakeカジノでは日本プロ野球のスポーツベットが可能

Stakeという暗号資産カジノでは、日本プロ野球やWBCのスポーツベットが可能です。

野球観戦を楽しみながら一攫千金を獲得できるチャンスですので、合わせて確認しておくことをオススメします。

|日本 x メキシコのオッズも公開中

WBCのスポーツベットも可能

Stakeカジノ 公式サイト

>>>【関連】Stakeカジノの詳細や登録方法はコチラ

 

VPNを利用して、WBC2023の試合海外から配信で視聴する際の注意点

VPNを利用して、WBC2023の試合を海外から配信で視聴する際の注意点

日本のサイト利用中や、WBCの動画を視聴中はVPNを接続したままにしておく

日本のサービス利用中や動画の視聴中は、VPNを接続したままにしておきましょう。

動画視聴中にVPNの接続を切ってしまうとIPアドレスが変わってしまい、日本のサービスやサイトが使えなくなります。

VPNネコなどの無料VPNは使わない

無料VPNは危険

無料VPNは個人情報漏えいの危険性や、ウイルス感染のリスクがあります。
また、接続スピードも低速なため、快適に動画視聴やインターネットを楽しむことができません。

>>>【関連】VPNネコの危険性に関する記事はこちら

【海外から2023年WBCの試合が視聴できる】おすすめのVPN

 

海外から2023年のWBCの試合を視聴する際におすすめのVPNサービス3選をご紹介します。

日本のサイト、WEBサービスに対応しているVPNは多くないため、使えるVPNを探す際は注意が必要ですが、今回紹介するVPNは全て日本のサイトや各サービスに利用することができます。(NordVPNは中国での利用にも対応)

|海外から2023年のWBCの試合が視聴できるVPN

1.

NordVPN

使いやすさ、安全性、接続スピード、総合的に業界No.1の最強VPN

オススメ度: 9.7 / 10

NordVPN 公式サイト

2.

Surfshark

安全性が高く、接続スピードも速いコスパ抜群のVPN

オススメ度: 9.4 / 10

Surfshark 公式サイト

3.

CyberGhost

接続できるサーバーが豊富で、お手頃な価格が魅力のVPN

オススメ度: 9.3 / 10

CyberGhost 公式サイト

ATTENTION

無料のVPNを利用する方法もありますが、個人情報流出の危険性や接続スピードの遅さ、2023年のWBCの試合に利用できないなど、安全性と使い勝手の面で大きな不安が残ります。

そのため、当サイトでは無料VPNの利用はオススメしておりません。

なお、今回ご紹介する有料VPNはすべて30日間の返金保証がついているので、サービスに不満がある場合は期間内に返金してもらうことが可能です。

1. NordVPN | 接続スピードの速さと高いセキュリティ機能が魅力の業界トップVPN

総合評価:9.7 / 10

WBC2023の視聴:

Nord VPNは、世界的に人気が高く信頼できるVPNの一つです。

軍隊や銀行、政府機関で採用されている最高水準の暗号化技術(AES-256 bit)を採用しており、セキュリティ・安全性は文句なし。

世界59カ国のロケーションが利用可能で、接続できるサーバー数は5,900以上

4Kストリーミングに対応した高速接続のため、高画質の動画視聴やネット利用を快適に楽しむことができます。

【カテゴリー別】NordVPNの評価

接続スピード

4Kストリーミングに対応した高速接続

 9.8 / 10

サーバー数

接続可能国数:59カ国/ サーバー数:5,900+

 9.6 / 10

料金プランと価格帯

充実したプラン内容とお得な価格帯

 9.0 / 10

セキュリティ機能

軍隊・銀行レベルのセキュリティ

 9.7 / 10

ログポリシー

No-ログポリシー

 9.5 / 10

使いやすさ

使いやすいアプリ

  9.5 / 10

カスタマーサポート

24時間ライブチャット対応

 9.7 / 10

BEST
NordVPNは一番オススメのVPN

 

NordVPN 公式サイト

詳細なレビュー記事はこちら

2. Surfshark | 高度な安全性・速い接続スピードを兼ね備えたコスパの良いVPN

総合評価:9.4 / 10

WBC2023の視聴:

Surfsharkは、高いセキュリティと高速の接続スピードが魅力のVPNです。

暗号化技術は軍用レベルのAES-256 bitであり、セキュリティ・安全性に関しては心配ありません。

利用できるロケーションは世界95カ国とかなり豊富で、接続できるサーバー数は3,900以上

接続スピードは4Kストリーミングに対応しており、高画質の動画視聴や通常のインターネット利用を快適に楽しむことができます。

【カテゴリー別】Surfsharkの評価

接続スピード

4Kストリーミングに対応した高速接続

 9.5 / 10

サーバー数

接続可能国数:95カ国/ サーバー数:3,900+

 9.6 / 10

料金プランと価格帯

充実したプラン内容とお得な価格帯

 9.2 / 10

セキュリティ機能

軍隊・銀行レベルのセキュリティ

 9.3 / 10

ログポリシー

No-ログポリシー

 9.5 / 10

使いやすさ

使いやすいアプリ

  9.5 / 10

カスタマーサポート

24時間ライブチャット対応

 9.5 / 10

Surfsharkは接続スピードが速くて安いオススメのVPN

 

Surfshark 公式サイト

 

3. CyberGhost | 膨大なサーバー数が利用できるお手頃価格のVPN

総合評価:9.3 / 10

WBC2023の視聴:

CyberGhostは、世界的に人気が高く安価な価格で利用できるVPNの一つです。

軍隊や銀行、政府機関で採用されている最高水準の暗号化技術(AES-256 bit)を採用しており、セキュリティ・安全性は問題なし。

世界91カ国のロケーションが利用可能で、接続できるサーバー数は9,700以上

4Kストリーミングに対応した高速接続であることはもちろんストリーミングサービスや特定サイトに特化した専用サーバーが使える点も大きな魅力です。

【カテゴリー別】Cyberghostの評価

接続スピード

4Kストリーミングに対応した高速接続

 9.5 / 10

サーバー数

接続可能国数:91カ国/ サーバー数:9,700+

 9.8 / 10

料金プランと価格帯

充実したプラン内容とお得な価格帯

 9.0 / 10

セキュリティ機能

軍隊・銀行レベルのセキュリティ

 9.0 / 10

ログポリシー/ 信頼性

No-ログポリシー

 8.0 / 10

使いやすさ

使いやすいアプリ

  9.5 / 10

カスタマーサポート

24時間ライブチャット対応

 9.5 / 10

CyberGhostは初心者にもオススメな安いVPN

 

CyberGhost 公式サイト

 

海外から2023年WBC侍ジャパンの試合を視聴する利用する際によくある質問

VPNに関してよくある質問

VPNを利用して、海外から日本のサイトにアクセスするは違法?禁止されている?

VPNを利用して、海外から日本のサイトにアクセスすることは違法ではありません。

なお、VPNの利用が禁止されている国でなければ、VPNの使用は合法的で何の問題もないため、安心してVPNを利用することができます。

VPNの利用が禁止されている国リスト

●VPNの利用が違法な国

  • ベラルーシ

  • 北朝鮮

  • イラク

  • トルクメニスタン

  • オマーン

●許可されたVPN以外の利用が違法な国

●VPNの利用は合法だが、違法・不道徳行為への利用は違法な国

●VPNの利用は合法だが、SNSへの利用は規制されている国

  • ウガンダ

>>>【関連】VPNの利用が違法な国を12ヶ国調査!渡航前に確認しておきたいポイントを解説

VPNを使えば、中国からでも2023年WBC侍ジャパンの試合が見れる?

中国での利用に対応したVPNを利用すれば、中国国内からもアマプラやJ-SPORTSなどのストリーミングサービスが使えるようになります。

>>>【関連】中国からNetflixを視聴する方法

日本以外のWBC2023の試合中継を見たい場合は?

日本以外のWBC2023の試合中継を見たい場合は、J SPORTSオンデマンドやfubo TVの利用がオススメです。

予選大会を含め、WBC2023の全試合47ゲームがライブ及び後追い視聴で見ることができます。

>>>【関連】FuboTVを日本から視聴する方法

Amazonプライム会員になることで得られるメリットはWBC2023が見れること以外にもある?

Amazonプライムの会員になると、以下の特典・メリットを利用可能です。

Amazonプライムの会員の特典・メリット

  • Amazonプライムビデオの動画が全て無料で見放題

  • プライムミュージックの音楽が聴き放題

  • プライムリーディングの電子書籍が読み放題

  • Amazonのお得なプライムセールに参加できる

上記以外にも、Amazonでの商品購入時の送料が無料になるほか、お急ぎ便や日時指定便が無料で利用可能になります。

VPNを利用すれば、日本のNetflix(ネトフリ)やアマプラ、TVerなども海外から視聴できるようになる?

VPNに接続すれば、TverやParaviなどのサービスや、日本のNetflixやアマプラなども利用可能になります。

【関連記事】日本のストリーミングサービスを海外から使う

【ストリーミングサービス別】視聴方法の一覧

【関連記事】日本のWEBサービス・アプリを海外から使う

VPNを繋いでいるのに、海外から2023年WBC侍ジャパンの試合が見れない・エラーが出る場合は?

別の日本サーバーに接続して再度アクセスしてみましょう。

NordVPNなどの大手VPNであれば、日本サーバーの数が80以上と豊富なため、万が一の場合も接続先に困ることはありません。

また、VPNによってはサイト側にVPNが規制されている可能性もあるため、緊急を要する場合は、他のVPNに契約することもオススメいたします。

 

まとめ:VPNを利用すれば、海外から2023年WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)侍ジャパンの試合が視聴できる

VPNを利用すれば、海外から2023年WBC 侍ジャパンの試合が視聴できる

海外から2023年のWBCの試合を視聴する手順

  1. VPNを利用して、日本のサーバーに接続する。

  2. DAZN、J-SPORTS、Paravi、Huluにアクセス

  3. 海外から2023年のWBCの試合が視聴可能になる

今回は、VPNを利用して海外から2023年のWBCの試合を視聴する方法について解説しました。

VPNごとに対応しているサービスは異なりますので、使えるVPNをしっかり確認して、海外での生活を快適なものにしていきましょう。

 

\【期間限定】30日間無料で使える! /

BEST
NordVPNは一番オススメのVPN

総合評価:9.7 / 10

NordVPN 公式サイト

詳細なレビュー記事はこちら

 

|海外から2023年のWBCの試合が視聴できるVPN

1.

NordVPN

使いやすさ、安全性、接続スピード、総合的に業界No.1の最強VPN

オススメ度: 9.7 / 10

NordVPN 公式サイト

2.

Surfshark

安全性が高く、接続スピードも速いコスパ抜群のVPN

オススメ度: 9.4 / 10

Surfshark 公式サイト

3.

CyberGhost

接続できるサーバーが豊富で、お手頃な価格が魅力のVPN

オススメ度: 9.3 / 10

CyberGhost 公式サイト

 

>>>【関連】アジアプロ野球チャンピオンシップの試合を海外からライブ視聴する方法

-海外から日本のサイトやサービスを見る・使う