VPNを活用した裏ワザ 海外から日本のサイトやサービスを見る・使う

【2024年4月調査】中国でLINEは使える?使う方法とエラーの解決策を紹介

※記事の一部にPRを含みます。

【2023年11月調査】中国でLINEは使える?使う方法とエラーの解決策を紹介

 

中国ではLINEが規制されているため、メッセージの送受信ができません。

 

中国滞在中に、LINEで友達や家族とメッセージのやり取りを行いたいのに。。。
中国でLINEを利用する裏ワザや対処方法はある?

 

今回はそんな方々のために、中国からLINEに問題なくアクセスして、日本と同じように使用する方法をご紹介します。
結論から言うと、VPNと呼ばれるサービスを利用するだけで、中国からLINEにアクセスしてスムーズなやりとりが可能になります。

 

POINT

本記事では、”オススメのVPNサービスは?”・”無料VPNは使って良いの?”という疑問にも全てお答えしています。

VPNに詳しくない方にもわかるように丁寧に解説しておりますので、安心して読み進めてくださいね。

【専門チームが監修】信頼性の高い情報を保証

当サイトは、70個以上の有料/無料VPNをテストしてきた専門のプロチームが記事の監修を行っています。
素人が運営しているブログや、信憑性が低い収益目的サイトの情報には気をつけましょう。

●VPN UNIVERSITYの信頼性

VPNの検証に費やした時間

32,800時間+

これまでに検証したVPNの数

78個+

接続スピードの検証回数

4,350回+

IPアドレス& DNS漏えいの確認回数

9,200回+

VPN調査員の派遣国数

42カ国+

※最終データ更新:2024年4月

|中国からLINEが利用できるVPN

1.

NordVPN

使いやすさ、安全性、接続スピード、総合的に業界No.1の最強VPN

オススメ度: 9.7 / 10

NordVPN 公式サイト

2.

Surfshark

安全性が高く、接続スピードも速いコスパ抜群のVPN

オススメ度: 9.4 / 10

Surfshark 公式サイト

3.

CyberGhost

接続できるサーバーが豊富で、お手頃な価格が魅力のVPN

オススメ度: 9.3 / 10

CyberGhost 公式サイト

Contents
  1. 2024年4月調査!LINEは中国で使える?|中国で使えるチャットツールを独自調査
  2. 【SNS規制】中国国内ではLINEが使えない!理由を紹介
  3. 中国でLINEを使うにはVPNが必要
  4. 2024年4月調査!VPNを利用して中国からLINEを利用する方法
  5. VPNを利用して、中国からLINEを利用する際の注意点
  6. LINEを中国から使うために、筑波大学VPNを使ってもいい?安全?
  7. 【中国からLINEが使える!】おすすめのVPN
  8. VPNを利用して、中国からLINEを利用する際によくある質問
  9. まとめ:VPNを利用すれば、中国からLINEが使える!

2024年4月調査!LINEは中国で使える?|中国で使えるチャットツールを独自調査

徹底調査!中国で使えるメールアドレスは?

中国では「グレート・ファイアウォール」というインターネット検閲システムが使われています。
この検閲システムの影響で、Googleをはじめとた国外のインターネットへの規制が非常に厳しく行われています。

「グレート・ファイアウォール」とは

中国のグレートファイアウォール(Great Firewall of China/ GFW)とは、別名「金盾」(The Golden Shield Project)とも呼ばれる、中国国内で行われているインターネットの通信情報を検閲・監視するプロジェクトのことです。

中国政府に都合の悪い情報を流しているニュースサイトやSNS、中国国内の利益を害すると考えられるコンテンツを中国国内からアクセス・利用できないようにブロックしています。

また、この検閲制度は情報検閲以外にも効果を発揮しており、自国の通信業者などのIT企業の利益を保護にも一役買っている。

※参照:【仕組みと回避方法】中国のグレートファイアウォールとは?

なお、2024年4月現在、中国で使えるアプリと使えないアプリは以下のとおりです。

中国で使えるアプリと使えないアプリ一覧

中国では使えないアプリ・サイト

日本でも中国でも使えるアプリ・サイト

  • LINE

  • Facebook

  • Instagram

  • X(Twitter)

  • Google (LINE、検索エンジン、Google Driveを含むGoogleのサービス全般NG)

  • YAHOO検索

  • Amazon Japan(接続できることもありますが、接続が不安定)

  • Dropbox

  • Wikipedia

  • YouTube

  • ニコニコ動画

  • その他の動画サービス(Netflix、Hulu、U-NEXT、FODなど)

  • ChatGPT

  • Chatwork

  • 電話番号によるテキストメッセージ(SMS)

  • Microsoft関連のサービス(Outlook、Bing、One Drive、Teamsなど)

  • Skype(使えるケースと使えないケースが混在)

  • YAHOOメール

  • Zoom

  • Slack(アンドロイドユーザーは中国国内からスマホアプリのダウンロードが不可)

  • WebEx

  • Trello

>>>【関連】2024年4月独自調査!中国で使えるアプリと使えないアプリ一覧

中国ではLINEが利用できない

前述の通り、中国では厳しくインターネットが規制されています。
LINEはもちろん、LINEやFacebook、InstagramなどのSNS、Twitter(現X)、WhatsAppなども中国では利用できません。

Chatwarkは完全に使えないというわけではありませんが、日本と同じようにスムーズなやり取りができないと考えた方が無難です。

中国ではWeChatが主流

中国国内では、中国版のLINEと言われる「WeChat」が主流の連絡手段となっています。

中国のIT大手テンセントが提供するメッセージアプリWeChatは、日本国内では利用者は少ないものの、中国を訪れる際には欠かせないコミュニケーションツールです。

日本でもアプリのダウンロードや登録は可能なので、必要な方は渡航前にダウンロードしておきましょう。

特に、中国で電話番号を変更する可能性のある方は、実際に中国の番号を入手した後にアカウント登録するのがオススメ。
中国旅行前にWeChatを使いこなせるよう準備しておくことで、よりスムーズな滞在が可能になるはずです。

 

【SNS規制】中国国内ではLINEが使えない!理由を紹介

【SNS規制】中国国内ではLINEが使えない!理由を紹介

グレートファイアウォールによる検閲

2024年4月現在、LINEは前述したグレートファイアウォールの影響によりブロックされています。
中国国内ではLINEだけでなく、Googleのサービス全般やLINEなど、日本で使っている主要な連絡アプリが利用できません。

また、中国国内でGoogle系のサービスが利用できない理由としては以下も原因として挙げられます。

>>>【関連】グレートファイアウォールとは?仕組みと回避方法を解説

2009年のサイバー攻撃に対する懸念

2009年、ある活動家のGoogleアカウントが中国国内から大規模なサイバー攻撃を受ける事件が発生。
この活動家は、中国政府に対する批判的な投稿や活動を行なっており、それを防ぐことがサイバー攻撃の目的と噂されています。

上記の事件をきっかけと、2010年にGoogleは中国国内でのビジネスには危険があると判断して検索サービスから撤退。
Google検索の撤退と並行して、Googleサービスの一部であるLINEも中国国内では利用できないようになりました。

>>>【参照】2024年4月調査!中郷で使えるサービスと使えないサービス一覧まとめ

中国政府は、自国で管理できない海外のアプリやサービスを危険視しているため、LINEも例外ではありません。

 

中国でLINEを使うにはVPNが必要

VPNとは

VPNとは、Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)の略です。

ウェブサイトやアプリケーションは、IPアドレスと呼ばれるインターネット上の住所的な数値を元に、アクセス元を判別しています。
VPNを利用すればIPアドレスを別のものに変更することができるため、実際のアクセス国ではなくVPNで接続したサーバーの国から訪問しているように装うことができます。

また、通信も暗号化されてセキュリティが強化されるため、情報漏えいやハッキングのリスクを回避することが可能になります。

【図解】VPN接続がある場合とない場合の比較




【図解】VPN接続がある場合とない場合
【図解】VPN接続がある場合とない場合

例えばVPNで日本サーバーに接続することで、中国に居てもLINEには日本からのアクセスであることを認識させることができるため、中国国内でもLINEにアクセスしてメールの送信や受信が可能になります。

 

2024年4月調査!VPNを利用して中国からLINEを利用する方法

調査!VPNを利用して中国からLINEを利用する方法

中国からLINEを利用する方法は以下の通りです。

中国からLINEを利用する手順

  1. VPNを利用して、日本のサーバーに接続する。

  2. LINEにアクセス

  3. LINEにログイン

  4. 中国からLINEが利用可能になる

日本のLINEを見たい場合は、VPNで日本のサーバーに接続してLINEにアクセス・ログインしましょう。

通常、中国からはLINEを利用できませんが、VPNに接続すると、問題なくLINEを利用することができます。

1. VPNで日本のサーバーに接続

NordVPNで日本サーバーに接続した場合

NordVPNを利用して日本のVPNサーバーに接続

 

VPNで日本のサーバーに接続します。

NordVPNであれば、80個以上の日本サーバーにワンクリックで接続することが可能です。

2. 中国でLINEが使える様になる

中国でLINEが使える様になる

※2024年4月に動作確認済み

VPNに接続した状態でLINEにアクセスして、ログインします。(もしくはLINEのスマホアプリを起動)
通常では中国からLINEにアクセスすることはできませんが、VPNを利用すれば中国からでもLINEが使えるようになります。

 

\ 実質30日間無料で使える!/

NordVPN 公式サイト

 

VPNを利用して、中国からLINEを利用する際の注意点

VPNを利用してLINEを中国から利用する際の注意点

LINEの利用中はVPNを接続したままにしておく

LINEを視聴している間は、VPNを接続したままにしておきましょう。
途中でVPNの接続を切ってしまうとIPアドレスが変わってしまい、LINEが使えなくなります。

VPNネコなどの無料VPNは使わない

無料VPNは危険

無料VPNは個人情報漏えいの危険性や、ウイルス感染のリスクがあります。
また、接続スピードも低速なため、快適に動画視聴やインターネットを楽しむことができません。

>>>【関連】VPNネコの危険性に関する記事はこちら

LINEを中国から使うために、筑波大学VPNを使ってもいい?安全?

動画コンテンツを見るために、筑波大学VPNを使ってもいい?安全?

筑波大学は、「VPN Gate」という無料VPNを提供しています。

VPNネコと同じく筑波大学の無料VPNを利用されている方は多いですが、結論から言うと筑波大学VPNの利用はオススメしません。

1. 通信速度が低速

筑波大学VPN「VPN Gate」は、通信速度が非常に低速。

VPN Gateのサーバーは多数のユーザーと共有している状態なので、速度が不安定です。
そのため、大きなデータのやり取りやスマホでのLINE利用には不十分な接続スピードと言えます。

動画コンテンツやインターネットを快適に楽しむためには安定した通信速度と通信品質が重要なので、接続スピードが低速という点は大きなデメリットとなります。

2. ログが保存されている

筑波大学のVPN Gateは、最低でも3ヶ月間ログが保存されています。

匿名の利用者が VPN Gate 公開 VPN 中継サーバーのうちの 1 つに VPN 接続を確立した際と、VPN 接続を切断した際の 2 回において、そのアクセスログが記録されます。アクセスログは接続先の VPN Gate 公開 VPN 中継サーバーのログファイルに記録されるとともに、VPN Gate 実験運営者の管理するログ管理サーバーに syslog プロトコルと同等のプロトコル (SSL で暗号化) により集約されます。同様に、VPN Gate サイトの VPN サーバー一覧へのアクセスの際にも下記と同等のログが記録されます。

参照:https://www.vpngate.net/ja/about_abuse.aspx

筑波大学のVPN Gateでは、「ノーログポリシー」は保証されておらず、サーバーの提供者・運営者もボランティアや有志となっており実質不明です。
そのため、VPN Gateユーザーのログ(活動内容や通信内容)がどのように保存・利用されているかがわからないため、プライバシーやセキュリティの面で不安が残ります。

>>>【関連】【60個のVPNを比較】安全に使えるノーログのオススメVPNを3つ厳選

 

【中国からLINEが使える!】おすすめのVPN

 

中国からLINEを利用する際におすすめのVPNサービス3選をご紹介します。

LINEに対応しているVPNは多くないため、使えるVPNを探す際は注意が必要ですが、今回紹介するVPNは全てLINEに利用することができます。

|中国からLINEが使えるVPN

1.

NordVPN

使いやすさ、安全性、接続スピード、総合的に業界No.1の最強VPN

オススメ度: 9.7 / 10

NordVPN 公式サイト

2.

Surfshark

安全性が高く、接続スピードも速いコスパ抜群のVPN

オススメ度: 9.4 / 10

Surfshark 公式サイト

3.

CyberGhost

接続できるサーバーが豊富で、お手頃な価格が魅力のVPN

オススメ度: 9.3 / 10

CyberGhost 公式サイト

ATTENTION

無料のVPNを利用する方法もありますが、個人情報流出の危険性や接続スピードの遅さ、LINEに利用できないなど、安全性と使い勝手の面で大きな不安が残ります。

そのため、当サイトでは無料VPNの利用はオススメしておりません。

なお、今回ご紹介する有料VPNはすべて30日間の返金保証がついているので、サービスに不満がある場合は期間内に返金してもらうことが可能です。

1. NordVPN | 接続スピードの速さと高いセキュリティ機能が魅力の業界トップVPN

総合評価:9.7 / 10

LINEの利用:

Nord VPNは、世界的に人気が高く信頼できるVPNの一つです。

軍隊や銀行、政府機関で採用されている最高水準の暗号化技術(AES-256 bit)を採用しており、セキュリティ・安全性は文句なし。

世界59カ国のロケーションが利用可能で、接続できるサーバー数は5,900以上

4Kストリーミングに対応した高速接続のため、高画質の動画視聴やネット利用を快適に楽しむことができます。

【カテゴリー別】NordVPNの評価

接続スピード

4Kストリーミングに対応した高速接続

 9.8 / 10

サーバー数

接続可能国数:59カ国/ サーバー数:5,900+

 9.6 / 10

料金プランと価格帯

充実したプラン内容とお得な価格帯

 9.0 / 10

セキュリティ機能

軍隊・銀行レベルのセキュリティ

 9.7 / 10

ログポリシー

No-ログポリシー

 9.5 / 10

使いやすさ

使いやすいアプリ

  9.5 / 10

カスタマーサポート

24時間ライブチャット対応

 9.7 / 10

BEST
NordVPNは一番オススメのVPN

 

NordVPN 公式サイト

詳細なレビュー記事はこちら

2. Surfshark | 高度な安全性・速い接続スピードを兼ね備えたコスパの良いVPN

総合評価:9.4 / 10

LINEの利用:

Surfsharkは、高いセキュリティと高速の接続スピードが魅力のVPNです。

暗号化技術は軍用レベルのAES-256 bitであり、セキュリティ・安全性に関しては心配ありません。

利用できるロケーションは世界95カ国とかなり豊富で、接続できるサーバー数は3,900以上

接続スピードは4Kストリーミングに対応しており、高画質の動画視聴や通常のインターネット利用を快適に楽しむことができます。

【カテゴリー別】Surfsharkの評価

接続スピード

4Kストリーミングに対応した高速接続

 9.5 / 10

サーバー数

接続可能国数:95カ国/ サーバー数:3,900+

 9.6 / 10

料金プランと価格帯

充実したプラン内容とお得な価格帯

 9.2 / 10

セキュリティ機能

軍隊・銀行レベルのセキュリティ

 9.3 / 10

ログポリシー

No-ログポリシー

 9.5 / 10

使いやすさ

使いやすいアプリ

  9.5 / 10

カスタマーサポート

24時間ライブチャット対応

 9.5 / 10

Surfsharkは接続スピードが速くて安いオススメのVPN

 

Surfshark 公式サイト

 

3. CyberGhost | 膨大なサーバー数が利用できるお手頃価格のVPN

総合評価:9.3 / 10

LINEの利用:

CyberGhostは、世界的に人気が高く安価な価格で利用できるVPNの一つです。

軍隊や銀行、政府機関で採用されている最高水準の暗号化技術(AES-256 bit)を採用しており、セキュリティ・安全性は問題なし。

世界91カ国のロケーションが利用可能で、接続できるサーバー数は9,700以上

4Kストリーミングに対応した高速接続であることはもちろんストリーミングサービスや特定サイトに特化した専用サーバーが使える点も大きな魅力です。

【カテゴリー別】Cyberghostの評価

接続スピード

4Kストリーミングに対応した高速接続

 9.5 / 10

サーバー数

接続可能国数:91カ国/ サーバー数:9,700+

 9.8 / 10

料金プランと価格帯

充実したプラン内容とお得な価格帯

 9.0 / 10

セキュリティ機能

軍隊・銀行レベルのセキュリティ

 9.0 / 10

ログポリシー/ 信頼性

No-ログポリシー

 8.0 / 10

使いやすさ

使いやすいアプリ

  9.5 / 10

カスタマーサポート

24時間ライブチャット対応

 9.5 / 10

CyberGhostは初心者にもオススメな安いVPN

 

CyberGhost 公式サイト

 

VPNを利用して、中国からLINEを利用する際によくある質問

VPNに関してよくある質問

LINEにVPNを使うのは違法?禁止されている?

VPNを利用してLINEにアクセスすることは違法ではありません。
なお、VPNの利用が禁止されている国でなければ、VPNの使用は合法的で何の問題もないため、安心してVPNを利用することができます。

VPNの利用が禁止されている国リスト

●VPNの利用が違法な国

  • ベラルーシ

  • 北朝鮮

  • イラク

  • トルクメニスタン

  • オマーン

●許可されたVPN以外の利用が違法な国

●VPNの利用は合法だが、違法・不道徳行為への利用は違法な国

●VPNの利用は合法だが、SNSへの利用は規制されている国

  • ウガンダ

>>>【関連】VPNの利用が違法な国を12ヶ国調査!渡航前に確認しておきたいポイントを解説

ちなみに、中国では政府が指定したVPN以外の利用が禁止されていますが、実際は多くの人々が指定されたVPN以外を利用して、国外のサービスを利用している事実があります。

しかしながら、中国ではNordVPNやSurfsharkなどの指定外VPNを契約することができません。
そのため、中国でNordVPNやSurfsharkを使用したい場合は、渡航前にVPNの契約/VPNアプリのインストールを完了しておきましょう。

中国で使えないアプリはLINE以外にある?

当サイトの調査では、中国で使えるアプリと使えないアプリは以下のとおりとなっています。

中国で使えるアプリと使えないアプリ一覧

中国では使えないアプリ・サイト

日本でも中国でも使えるアプリ・サイト

  • 電話番号によるテキストメッセージ(SMS)

  • Microsoft関連のサービス(Outlook、Bing、One Drive、Teamsなど)

  • Skype(使えるケースと使えないケースが混在)

  • YAHOOメール

  • Zoom

  • Slack(アンドロイドユーザーは中国国内からスマホアプリのダウンロードが不可)

  • WebEx

  • Trello

>>>【関連】2024年4月独自調査!中国で使えるアプリと使えないアプリ一覧

LINEの代わりに使えるおすすめのSNSやアプリ、中国で最も利用されているメッセージアプリは何?

中国版のLINEと言われるWeChatがオススメです。
多くの中国人が使っており、使い勝手もLINEと同じです。(メッセージ送信・音声通話、ビデオ通話が可能)

なお、中国国内で一般的によく利用されているアプリは以下の通りです。

WeChat(微信)

  • 中国で最も広く利用されているマルチ機能メッセージアプリ
  • メッセージ送受信はもちろん、支払い、SNS、ビデオ通話、交通機関予約、Webサイトログインなどの機能を1つに統合

QQ(腾讯QQ)

  • 中国屈指のメッセージアプリ。
  • テキスト、音声通話、ビデオ通話、ゲーム機能を備える
  • ゲーマーにとって不可欠なコミュニケーションツールでもある

DingTalk(钉钉)

  • ビジネス向けメッセージアプリ。
  • チームコミュニケーション、スケジュール調整、ファイル共有、タスク管理などを可能にする

Sina Weibo(新浪微博)

  • 中国のTwitter。
  • テキスト、画像、動画投稿、フォロー、リツイートなどのSNS機能を提供

また、日本で主流のサービスに対して、中国人が主に使っている主な代替サービスは以下のとおりです。

日本の主流サービスと中国人が主に使っている主な代替サービスに比較

日本の主要アプリ

中国の主要アプリ

Google検索

Baidu検索

Google Map

Baidu Map

Google Meet

VooVやDingTalk

YouTube

Youku

X(Twitter)

Weibo

>>>【参照】中国で使えるアプリと使えないアプリ一覧

VPNを利用すれば、日本のアマプラなども中国から視聴できるようになる?

LINE以外にも、TverやParaviなどの日本サービスや日本のアマプラなどが、VPNに接続することで利用可能になります。

日本のストリーミングサービスを海外から使う

【ストリーミングサービス別】視聴方法の一覧

日本のWEBサービス・アプリを海外から使う

VPNを利用すれば、中国では利用できないアプリやサービスも中国で利用できるようになる?

LINE以外にも、LINEやGoogle系統のサービスは中国では利用できません。
ただ、この場合もVPNを利用するだけで利用可能にすることが可能です。

>>>【関連】【2024年4月調査】中国で使えるアプリ・使えないアプリ一覧と利用可能にする方法まとめ
>>>【関連】【2024年4月調査】中国からInstagram(インスタ)を見る方法

VPNを繋いでいるのに、LINEが使えない・エラーが出る場合は?

別のVPNサーバーに接続して再度LINEにアクセスしてみましょう。

NordVPNなどの大手VPNであれば、使える日本サーバーの数が80個以上と豊富なため、万が一の場合も接続先に困ることはありません。

しかしながら、VPNによってはLINE側にVPNが規制されている可能性もあるため、緊急を要する場合は、他のVPNに契約することもオススメいたします。

  

まとめ:VPNを利用すれば、中国からLINEが使える!

まとめ:VPNを利用すれば、中国からLINEが使える!

 

|中国からLINEを利用する手順

  1. VPNを利用して、日本のサーバーに接続する。

  2. LINEにアクセス

  3. LINEにログイン

  4. 中国からLINEが利用可能になる

 

今回は、VPNを利用して中国からLINEを利用する方法について解説しました。

日本のLINE以外にも、海外からはアクセスができない日本のサービスが数多く存在します。

ただ、その場合もVPNを利用することで海外からも問題なく利用可能することができます。

VPNごとに対応しているサービスは異なりますので、使えるVPNをしっかり確認して、海外での生活を快適なものにしていきましょう。

 

\【期間限定】30日間無料で使える! /

BEST
NordVPNは一番オススメのVPN

総合評価:9.7 / 10

NordVPN 公式サイト

詳細なレビュー記事はこちら

 

|中国からLINEが使えるVPN

1.

NordVPN

使いやすさ、安全性、接続スピード、総合的に業界No.1の最強VPN

オススメ度: 9.7 / 10

NordVPN 公式サイト

2.

Surfshark

安全性が高く、接続スピードも速いコスパ抜群のVPN

オススメ度: 9.4 / 10

Surfshark 公式サイト

3.

CyberGhost

接続できるサーバーが豊富で、お手頃な価格が魅力のVPN

オススメ度: 9.3 / 10

CyberGhost 公式サイト

-VPNを活用した裏ワザ, 海外から日本のサイトやサービスを見る・使う